ロボット教室の選び方

◎ まずは口コミをチェック!

ロボット教室が急激に増えているのですが、どの教室を選ぶのが良いのでしょうか?

選び方、費用、レッスン内容などを口コミをもとに比較したいと思います。

ヒューマンアカデミー

◎ 自宅でもロボットを作れる!

ヒューマンアカデミーは入会金10,000円、教材費28,500円、授業料は月2回で9,000円、他にテキスト代が500円となっています。

教材はヒューマンアカデミーのオリジナルのもので、モーターもついていて、ロボット作りには向いています。

また教材を持ち帰りの出来ないロボット教室も多い中、教材の持ち帰りが可能で、自宅で続きをできることも好評です。

ただし、部品を失くしたり壊したり、教室の当日忘れたりしないように注意しましょう。

教材がオリジナルで28,500円なのですが、普通ロボット教室でよく使われる教材はレゴマインドストームEV3であり、買うと50,000円前後かかります。

教材が比較的安く、この金額であれば他の教室よりは始めやすいと言えるでしょう。

また授業料の平均は月2回で10,000円、入会金は10,000円となっているので、平均かやや安いくらいです。

ミドルコースの1年半の間は追加購入がないのもメリットです。

スクールによっては、学年があがると追加で購入が必要なところもあります。

また、小学校高学年~中学生向けのロボティクスプロフェッサーコースではプログラミングも学ぶことが出来ます。

ロボット大会も開いているので、入り口の敷居こそ低いですが本格的なレベルまで学習をすすめる事が出来ます。

⇒実際にロボット教室の体験してきました。

クレファス

◎ ちょっと高い! でも本格的!

クレファスの金額は月謝が年長なら13,000円、小1,2年なら14,000円(ただし月4回)と年齢により上がっていきます。

ロボット教材費は5万2000円(レゴマインドストームEV3利用)であり、4年生になると拡張セットが必要で14,200円必要になります。

ロボット検定認定しており、月4回受けられる教室は珍しいです。
毎年コンテストがあり、自分で作ったロボットのプレゼンします。

ロボットのちょっと興味があるというだけでは、かなり高いのですが本格的にロボットを勉強するのであれば、これ以上のスクールはないでしょう。

しかし、教材費などの予備知識無く、気楽に始めるために体験レッスンへ行った方は、「高すぎる」という口コミが多くなります。
その一方で本格的にロボットに取り組みたい方は「こんな機会をもらえるのはありがたい」という口コミが多くなります。
1点注意が必要なのは教材が持ち帰れない事です。
決まった時間の中で集中して学ぶ姿勢を見に付ける事に繋がりますし、部品を失くす事も減るので悪い事ばかりではありません。
しかし、子供にせがまれて家用の教材を別に揃えようと思うと、レゴマインドストームEV3は高額なので注意が必要です。

地元のロボット教室と比較しよう

色々あるロボット教室の中でも最も高いと言われるクレファスと、安くおさまる教室のヒューマンアカデミーを比較してみました。
この2つの教室ならば、気軽に始めるのであればヒューマンアカデミー、本格的にロボットを極めたいのであればクレファスをという結論になると思います。
これを参考に、地元のロボット教室を比較して子供に合ったロボット教室を選びましょう。
教材費がどうしても高く付きがちなので、しっかり比較して損をしないようにしてください。

大阪市のロボット教室